看多機と小多機の仕事内容について

看多機と小多機は似ているため同じものと考えられることも多いが、サービス内容に若干の違いがあるため仕事内容も変わってくる。
小多機はデイサービスやデイケアセンターなどの通所介護、ショートステイや訪問介護などを複合的に行っているサービスだ。
そのため、訪問介護や通所介護、宿泊介護など全ての仕事を行わなければならない。
普段は通いで介護をしている人が急に何かしらの理由で泊まりになることもあるので、そういう人を一日介護しなければならないケースもある。
また、訪問介護も仕事内容に含まれているため、職場によっては介護を必要とする人達の家を回ってお世話をするのも大切な仕事だ。

看多機も小多機と同じように訪問介護や通所介護などを行うサービスだが、一番の違いは訪問看護も仕事に含まれるということだ。
小多機では受け入れられない、医療依存度が高い人を受け入れるために作られたのが看多機になる。
介護というよりは看護という意味合いが強くなるため、看護師の方は看多機のほうがスキルを活かす機会が多くなるだろう。

主な仕事内容としては、訪問看護や居宅療養管理指導、夜間対応型訪問介護、定期巡回など様々なものがある。
認知症の人やインスリン注射が必要な人、人工呼吸器を装着している人など、医療ケアが重要な仕事となるので、看多機で働く場合はしっかりと医療的な知識を持っていることも重要なポイントになるだろう。
小多機も看多機もそれぞれ仕事内容が異なるので、自分に合った職場を見つけることが大切だ。
介護の現場に興味のある看護師向けに詳しく紹介されている情報サイトもあるので、迷ったときには活用してみるとよいだろう。